過去に消費者金融で契約していたら目的ローンは不利?

消費者金融で過去にキャッシングをしていた場合、その後のローン契約で不利益が無いか不安になります。特に自動車ローンや住宅ローン、教育ローンなどは契約する可能性が高い金融商材と言えます。

ズバリ、完済状況にあり、既に解約状況にあればローン審査に不利とはなりません。また、個人信用情報に登録される期間が過ぎていれば、過去の情報は抹消されることとなります。

そのため、消費者金融から借り入れした事実があったとしても、ローン審査に不利になるリスクは回避出来ます。消費者金融からの借り入れは、お金の管理にルーズと考えてしまうことがあるものの、客観的に返済管理が行われていれば不利になるものではありません。あくまで、過去の悪いイメージが先行してしまっている結果であり、住宅ローンや自動車ローンが契約出来ないということにはならないのが実状です。

コメントは受け付けていません。