キャッシングの本人確認に必要な物

キャッシングを利用するときは、本人確認の書類が必要となります。

どんな物を用意するべきかはキャッシング店によって異なりますが、重要なポイントさえ覚えておけば失敗する事はありません。まず、免許証を用意する必要があります。免許証があれば、本人確認書類としては申し分ないからです。しかし、全ての人が運転免許を持っているわけでは無いのが現状です。

免許を持っていない人は、保険証でも本人確認をする事が出来ます。ここで注意したいのが、免許証や保険証の裏面に書いてある住所が現住所と違う場合です。このままでは住所の確認が出来ないので、住所確認用に他の書類が必要になります。

住所確認に使える書類はたくさんありますが、公共料金の領収書が住所確認に使えるケースがほとんどです。電気・ガス・水道のどの領収書でも有効です。ただし発行から半年以内の物でないと、受け付けてもらえないケースもあるので注意が必要です。キャッシング店によっては、住民票の写しなどが必要になる場合もあります。住民票の写しは、事前に市役所などで発行する必要があります。

本人確認書類というと身構えてしまいがちですが、簡単に準備できる物ばかりです。覚えておくと損をしません。

コメントは受け付けていません。