キャッシングのお金を返済できない時に取る方法

キャッシングをしていて、返済できなくなってしまった時は、どのようにしたらいいのでしょうか。たとえば銀行からお金を借りていて、月々返済していたのに、転職して収入が少なくなったような場合は、返済する気はあっても、実際問題としてお金が足りず、できなくなってしまうことがあります。

このような時には、キャッシングをした銀行に行き、返済方法を見直してもらうようにしましょう。無論、消費者金融でも同じです。とにかく何らかのアクションを取れば、先方も、この人は返済する意志はあるのだなとわかってくれます。

しかし返済方法見直しの相談もなく、しかも返済期日になっても入金がない、督促の電話や督促状が来るようになっても、何ら反応がない場合には、返済の遺志がないとみなされて、キャッシングをした先から裁判を起こされてしまいます。この場合は、一括返済となってしまいますので、できれば督促が来る前に、返済方法を見直すのがいいでしょう。

それでも返済できない時には、債務整理を考えてください。ただ、返済できないからすぐに債務整理というのも感心しません。ます、自分で努力して返済するようにして、それでもやはり難しいという時に限り、弁護士に債務整理を依頼するといいでしょう。

コメントは受け付けていません。